冷凍イカの解凍方法を間違えてしまうと本来の味を楽しむことができず、ガッカリしてしまうことがあります。

魚介類の中でもイカは冷凍してもそれほど品質が落ちない食材ですが、それでも解凍方法によって味が大きく変わります。

冷凍してあるイカを美味しく食べるためにも正しい解凍方法をしっかりと覚えておきましょう。

まず、自分でイカをさばいて冷凍する場合はワタや骨などを全て取り除き、胴体とゲソに分けて冷凍対応の保存バックに入れてください。

この時に水分をしっかりと取っておくというのがポイントで、後々使いやすいように輪切りにしておくのも良いかもしれません。

解凍する場合、そのまま冷蔵庫でゆっくりと解凍させる方法と冷凍イカをビニール袋に入れて水に浸すという方法の2種類があります。

どちらの解凍方法も解凍後の品質にそれほど差は無いので自分がやりやすいと思う方を選びましょう。

また、水に浸して解凍する場合は水道水を出し続ける(流水)ことによって解凍時間を短縮することができるので、急ぎで食べたい時に試してください。

基本的に冷凍イカは解凍が非常に簡単なので失敗する可能性は低いと思いますが、あまりにも解凍時間が長いと品質や鮮度が落ちてしまうので注意しましょう。

そして、イカは脂肪分が少ないということもあり、解凍してもまた冷凍保存することが可能です。

ただし、再冷凍したものはどうしても鮮度が落ちやすいので早めに食べるようにしてください。

冷凍してあるイカを美味しく食べたい人は、このような方法で解凍を行うようにしましょう。