冷凍してある魚を美味しく食べるには上手な解凍方法を知っておかないといけません。
解凍方法を間違えてしまうとどんな魚も鮮度が悪くなり、
味が一気に落ちてしまうので注意しましょう。
そこで、冷凍の魚全般を美味しく食べることができる解凍方法を
ご紹介いたしますので参考にしてください。

まず、魚の解凍方法は冷蔵庫や室温解凍、
流水解凍、電子レンジ解凍の4つに分けることができます。

生のままで魚を食べたいという場合に一番おすすめなのは
冷蔵庫での自然解凍で、最も衛生的で品質を落とす心配も少ないです。

解凍できるまで5時間から6時間ほどかかってしまうため、
すぐに食べたい時には不向きという問題点もありますが、
これが一番美味しく食べられる解凍方法です。

部屋の室温で解凍するという方法もありますが、
この場合注意しないといけないのが解凍のしすぎです。
室温が高いと思った以上に解凍が進んでしまい
品質が落ちてしまうケースもあるので気をつけましょう。

すぐに魚を食べたいという場合におすすめなのが
魚をビニール袋に入れて水に浸し、水道水を出し続ける流水解凍です。
この方法で解凍すると20分程度で食べられる状態になるので、
急いでいる場合にお試しください。

最もすぐに解凍できるのは電子レンジでの解凍ですが、
注意しないと煮えてしまったり、部分的に解凍できていない可能性があるので
あまりおすすめできません。
どうしても電子レンジで解凍したい場合はこまめに様子を見ながら
解凍を行うようにしましょう。