余ったごはんを冷凍している人は非常に多いですが、
正しい解凍方法を知っている人は少ないのではないでしょうか。
冷凍ごはんは美味しくないというイメージがありますが、
解凍方法を変えることによって劇的に味が変わることもあります。
では、冷凍してあるごはんを美味しく食べるには
どのような方法で解凍を行えばいいのでしょうか?

冷凍ごはんを美味しく解凍するには、電子レンジの解凍機能ではなく
加熱機能を使用することが重要です。
ほとんどの方が加熱ではなく解凍機能を使用していますが、
それでは解凍に時間がかかってしまい、ごはんの品質が落ちてしまいます。
加熱機能で一気に解凍させるというのが冷凍ごはんを
美味しく食べるコツなので覚えておきましょう。
そして、一定時間加熱をしてもまだ凍っている場合は、
再度電子レンジの加熱機能で解凍を行ってください。

また、ラップに包んだまま解凍せずにお茶碗に移して、
その上からラップをかけて電子レンジで解凍しましょう。
ラップのまま加熱してしまうとラップが溶けてしまい
ごはんに付着する危険がありますし、均一に解凍できない場合があります。
それほど手間がかかることではないので、
横着をせずに冷凍ごはんをお茶碗やお皿に移してください。

お使いの電子レンジによっては均一に解凍できない場合も
あると思うのである程度加熱をしたらごはんをほぐしてください。
それから再度加熱することで解凍が均一になり、
美味しいごはんを食べることができるはずです。