常備してあると便利で色々な料理に
使うことができる優秀食材の代表選手がひき肉です。
スーパーの特売で格安で売られているのを見ると
つい買い込んでしまいたくなるものです。

ひき肉も冷凍保存しておけば好きな時に活用することができますが、
どのように解凍すると美味しく食べることができるのでしょうか。

まずひき肉を冷凍保存する際には使う量ごとに小分けして保存してください。
「せっかく解凍したけど使い切れなかったからもう一度冷凍しておこう!」と
何度も繰り返すとその分美味しさが半減してしまいます。
使いきれる量ずつをラップにくるみ、冷凍焼けを防ぐために
ジッパー袋に入れることで比較的長く保存することもできます。

ひき肉を美味しく食べる上手な解凍方法は
冷蔵庫に入れて解凍するのが一番良いです。
使用する当日の朝か、前日の夜から冷蔵庫に入れておくと良いでしょう。
適度な温度に保たれながら温度差が低い状態で解凍されますので、
旨味が感じられる肉汁(ドリップ)が逃げ出しにくいという特徴があります。

室温で自然解凍をしている方も意外と多いですが、肉汁が出やすいこと
とばい菌が繁殖することで食中毒の心配もありますので避けるようにしてください。

お急ぎの場合はひき肉をしっかりとビニール袋などに入れて
流水で解凍するという方法もあります。
この場合は水が絶対にひき肉に触れることがないように注意してください。
電子レンジの場合は火が通りすぎてしまう心配があるので
あまりおすすめできませんが、性能が良い機種であれば
丁度良い状態で解凍できる場合もあります。