冷凍してあるカレーをいきなり解凍すると、
野菜の水分が出てきてしまいます。
水分が多くなり過ぎると、カレーのとろみが無くなってしまうため、
冷凍状態のカレーをそのまま解凍するのはやめましょう。
食べる前の日から冷蔵庫に入れるか、
食べるの日の朝に室内に置いて自然に解凍します。

時間がないようでしたら、冷凍したカレーをお皿に移して、
電子レンジで温めてください。
この時、アツアツになるまで温めすぎるとやはり水分が出てしまうため、
緩くなるぐらいに温めましょう。
こうやって解凍すれば、水分が出過ぎることはないので、
緩くなりすぎずに美味しく食べることが出来ます。

ちなみに、じゃがいもは、一度冷凍するとしゃりしゃりの食感になってしまうので、
冷凍する時にはじゃがいもはよけておいた方がいいでしょう。

柔らかくなったカレーは、そのまま鍋で温めて食べてもいいのですが、
より美味しく食べるにはひと手間加えるのがおすすめです。
フライパンにバターを溶かし、その中で煮ると風味がアップします。
また、冷凍してあるカレーは具材が溶けてしまっていることも多いので、
玉ねぎとお肉を炒めて加えて煮るのもいいでしょう。

もしも、具材が何もないようでしたら、カレードリアにしてしまうのもいいですね。
カレードリアの作り方はとても簡単で、バターライスを作ったらその上にカレーをかけます。
カレーの上にチーズをたっぷりかけて、パン粉をお好みの量ふりかけます。
これをオーブンやグリルで、チーズが溶けるぐらいまで焼くだけなので、
アレンジとして覚えておくといいですね。