最近は、焼き魚として調理済みの魚が冷凍されて売られています。
調理されている魚は、鮮度は落ちてしまうものの、
痛む心配もなく解凍するだけですぐに食べられるのでとても便利です。
主菜があっという間に出来るので、献立を考えるのも
とっても楽になります。

そんな、冷凍してある焼き魚を美味しく食べる上手な解凍方法は、
低温でじっくりと時間をかけて解凍することです。
なぜ時間をかけた方がいいのかというと、冷凍した魚を
急速に解凍してしまうと、旨味や栄養をたっぷり含んだ解凍液が出てしまうからです。

解凍液が流れ出てしまったら、旨味がなくなって味気のない焼き魚になってしまいます。
また、せっかくの魚の栄養もなくなってしまうため、
解凍液が出来るだけ出ないようにすることが大切なのです。
レンジやグリルで急激に温めると、細胞が壊れたり、
氷が一気に溶けてしまうので、その分解凍液がたくさん出て行ってしまいます。
ですので、焼き魚はじっくりと解凍して、解凍液が出来るだけでないようにすることが、
美味しく食べるコツになるのです。

そして、もう一つのポイントは、解凍しすぎないということです。
解凍の加減が難しいですが、半解凍の状態で調理をすることで、
より美味しく食べることが出来ます。
また、解凍する時は皮目が下になるように置いてください。
皮目を下にすることで、解凍液が流れ出てしまうのを防ぐことが出来ますから、
冷蔵庫内で皮目を下にして半解凍するのが、一番美味しい解凍方法になります。